ムーランルージュ戦記 メルヴィルの炎

ホーム > ムーランルージュ戦記 メルヴィルの炎


■MENU■

■GAME DATA■

メルヴィルの炎
『メルヴィルの炎』
メーカー:学習研究社
発売日:1989.8.11
価格:5900円

■GAME REVIEW■

『大技林』掲載評価

キャラクタ(2.9/5)
音楽・効果音(2.8/5)
お買い得度(2.6/5)
操作性(2.7/5)
熱中度(2.8/5)
オリジナリティ(2.8/5)
計16.6点(30満点中)

移動はマップ上を城や町を探して歩き回る。戦闘シーンはバリバリのシミュレーションだ。戦略や戦術を考えないとすぐに負けてしまうぞ。

■STORY■

 わく星アストラディウム…。
 そこでは、遠いむかしからルーとドゥーマの二大強国が争い、人も大地もあれはてていた。
 この星の全めつをおそれたアストラディウムの神々は、天界の秘宝・『メルヴィルの炎』を心正しきルー国王にさずけ、アストラディウム全土を統一させ、平和をもたらそうとした。
 しかし、神々の計画はドゥーマ国王一世のなぞの死によって、もろくもやぶれた。
 そく位したドゥーマ国王二世は、ルー国の将軍たちをひそかに味方にだきこみ、ルー国内に反乱をおこさせ、そのスキに「メルヴィルの炎」をぬすみとったのである。
 「メルヴィルの炎」を失ってしまったルー国は、いまや反乱の将軍たちによって、ツワーフ、アカントス、サウジス、イセントの4国に分断され、ドゥーマ国のほりょになったルー国王と兵士達はドゥーマ国内のあれはてた土地に連行され、だっしゅつ不可能な古城にとじこめられてしまった。
 しかし、ルー国王と共に生きのこった兵士たちの中に「ムーランルージュ=赤い風車」とよばれる4人の勇者がいた。
国王:
「ムーランルージュの勇者たちよ、もはや、そなたたちに最後の望みをたくすほかない。この秘密の地下道から外にだっしゅつし、『メルヴィルの炎』を取り戻してドゥーマ国王を倒すのじゃ。私は、そなたたちがだっしゅつに成功したらば、この地下道をこわし、この城で、そなたたちの帰りをまっている」


ホーム > ムーランルージュ戦記 メルヴィルの炎